日本補完代替医療学会 ホーム - お問合せ - サイトマップ - English 
補完代替医療とは学会紹介学識医制度書籍リンク集
TOP
会長あいさつ

第20回 日本補完代替医療学会学術集会開催にあたって

 第20回日本補完代替医療学会学術集会は,2017年12月2日(土)〜 3日(日)の両日,東京都文京区向丘の日本医科大学教育棟ならびに橘桜会館(同大学同窓会館)において開催する運びとなりました.
 本年の学術集会の特徴は,第60回比較統合医療学会大会と合同で開催するところにあります.比較統合医療学会は,獣医師をはじめ,医師,歯科医師,看護師,動物看護師,薬剤師,鍼灸師やパラメディカルの研究者らが集う学会で,鍼灸や漢方などの東洋医学や伝統医学の研究を推進し,Complementary and Alternative Medicine(CAM)の各分野に加え,近代西洋医学の領域からも低侵襲外科ならびに人獣共通感染症(Zoonosis)についても研究を重ねております.
 そこで,本年の学術集会においては,『人間と動物の医療を共に考える』をテーマにヒトと動物に共通する疾患や共通しない疾患,さらにその診断・治療法を検討し,情報を交換する事により,今後の医療に寄与できればと考えております.
 そもそもCAMならびにIntegrative Medicine(IM)という用語は,ヒトと動物,ともに用いられている用語です.これらはあくまで西洋現代医学を基盤もしくは前提とした位置付けにあり,近代医療を補完するいわゆる+αとしての治療手法という位置付けにあると考えられております.今回の合同開催により,両学会員の様々な職域からの意見と情報が交換されることにより,より良い医療の実現の一助になれば幸いです.
 このように今回開催される学会は,いわば異分野融合型学術集会の初めての試みであり,CAM のさまざまな治療手法,材料・素材,効能やメカニズムの解明など,今後のCAM の発展に大きく寄与するものと考えています.多くの発表ならびに皆様のご参加をお待ちしております.

第20回日本補完代替医療学会学術集会
会長 安川 明男

   
↑ページ先頭へ戻る